トップメッセージ | 先輩からのメッセージ | エントリー

トップメッセージ


株式会社デリブ 代表取締役 林 寿美子

希望で満ち溢れた、若き皆様へ

皆さんが就職先を選ぶにあたって、一番に考える事は何でしょう。
やはりやりがいのある仕事につける事が、一番のポイントではないでしょうか。

楽しくなくてはもったいない。
技術大国である日本は、ものづくりに長けています。
しかし、後継者不足が悩みの種です。若い力が必要です。
技術を習得して、日本の建築業界の一端を担ってみませんか。

デリブは社員一人ひとりを大切に思っております。
「皆が幸せで生きがいを感じ、楽しく仕事ができる会社でありたい」
そのためにも社員教育を徹底しています。
また電気工事士、消防設備士、施工管理技術者など仕事に必要な資格取得についても推奨し、応援しております。

私たち一人ひとりが自分の将来を大切にする様に、
デリブも企業活動を通して、社会の未来を大切に考えていく事が必要だと自負しております。
「社会に実り多く貢献したい、豊かな社会を築きたい」。それがデリブの望みです。

デリブで私たちと共に実り多い日々を過ごしませんか。
たくさんのご応募、エントリーをお待ちしております。

先輩からのメッセージ


京都工芸繊維大学 大学院 工芸科学研究科
2010年3月修了
黄 文渊 (コウ ブンエン)

いろんな不安も
先輩たちの指導のおかげで解消!

私は中国の出身です。中国で電子情報系の大学を卒業してから日本に留学し、大学院に進学しました。就職活動の時はずっとIT関係の仕事を探していましたが、偶然に「株式会社デリブ」と出会いました。電気設備の施工管理という職種だったのですが、よく考えると、自分はずっと電気に関することに対してすごく興味があるのではないかと思いながら応募しました。

新入社員の時は、いろんな不安がありました。会社で外国人社員は私一人しかいません。日本語でのコミュニケーションがスムーズに取れるか、日本の職場環境に慣れる事ができるかと心配しながら勤務してきましたが、優しい先輩たちの指導のおかげで、仕事に関することも日本の生活に関することも慣れる事ができました。電気設備施工管理という仕事も好きになりました。

デリブに入ったもう一つの理由は職場環境でした。1~10を教えられながら仕事をするだけではなく、自ら考えて仕事をする、任されるスタイルです。自分自身が考えて一つの仕事を完成した時はすごく達成感を感じます。

入社してもう6年目です。社内の先輩たちや現場の職人さんたちに支えて頂いて、少しづつ成長している気がします。


鳥取環境大学 環境情報学部
2010年3月修了
湯浅 淳哉

先輩や上司から技術指導してもらい、
資格の取得をサポートしてもらいました。

私は他県の大学で電気工事とは全く違う分野の勉強をしていましたが、地元京都に戻って仕事がしたいという思いと、建設業にも興味があったので、会社説明会に参加して入社に至りました。

入社後も電気の知識がなくても、先輩や上司から図面の書き方などの技術指導を受け、資格の取得に関しても相談に乗ってもらったりと何かとサポートしていただきました。

電気設備(新築工事・改修工事・メンテナンス工事等)の施工管理では様々な現場を任されます。各現場にはそれに応じた施工方法・管理方法があり、施工前には施工検討・図面作成・業者打合せ等の事前準備を行い、施行中には現場で現物を現認し、問題があればそれを未然に防ぐ必要があります。問題解決の手段はいろいろありますが、それを日々吸収した経験と知識で選択し対処していく事が大事です。

お客様のニーズに合ったものを造り上げていく事は大変ですが、完成した時の達成感が一番のやりがいです。
気が合う後輩が入ってきて欲しいです!!

  • マイナビからエントリーマイナビからエントリー
    • エントリー【キャリアの方】エントリー
    • ハローワークからエントリー【キャリアの方】ハローワークからエントリー